資格王道 |

資格取得を応援するブログ

TOEIC勉強法 − TOEIC勉強法 「英語の耳」を作る リスニング上達セノウハウ 西澤ロイ

2013.03.13 Wed

01:44:01

最近は入社時や、課長昇格時にTOEIC730点以上必要という会社も増えてきました。

そこで、ここではTOEICの勉強法をお届けしていきます。


TOEIC勉強法 「英語の耳」を作る リスニング上達セノウハウ 西澤ロイ



如何でしたか。

日本人にとって、実践する機会の少ない英語の勉強は、なかなか勉強の成果を実感できないですよね。

皆さんとても悩んでいます。

同じような悩みを読んで、自分だけが悩んでいるんじゃないんだと思って、頑張りましょう!!


TOEICの勉強法ついて教えてください。 今僕は大学二回なのですがこれから学校で行...
TOEICの勉強法ついて教えてください。
今僕は大学二回なのですがこれから学校で行われるTOEICなどで成績をあげたいと思っています。
一回の時に受けたテストが400前後でくやしくてヤバイと感じたので。
最近勉強に取り組もうとしているのですが勉強法がわかりません。
いままでそうであったように学校とかに通わずに参考書をつかって独学でするかたちで勉強したようと考えています。
お金の面もありますし…。
しかし参考書が多すぎてどれがいいのかわかりません。
あと受験の時の単語や文法もわすれてきているとおもいます。7月のをとりあえず受けて11月ので成績をあげたいと考えています。
なのでどの参考書がいいのか、何を勉強すればいいのか、オススメの勉強法などを教えて下さい!
お願いします!


- 回答 -
【TOEIC学習法】

400点ではTOEICの勉強をする必要はありません。変な試験テクニックなどを身に付けるより先にまず英語力をつけてみてください。

毎日英語を聞いて、読んで、音読するのがベストです。
ある程度できるようになってくると、あとはスピード勝負になってくるので、そのためにも今のうちから、細かく分析したり日本語に訳したりして理解するのではなく、さらっと聞いただけで・読んだだけで内容(話し手・書き手の言いたいこと)が掴めるように練習してみることをお勧めします。

そのためには、以下に挙げるような簡潔な文法書で文法を復習しつつ、毎日英語に触れることです。
・『高校総合英語Harvest』(桐原書店)
・『絵で英文法』(ワニブックス)
・『ハートで感じる英語塾 英語の5原則編』(NHK出版)
・『ハートで話そう!マジカル英語塾 英語のバイエル 初中級』(NHK出版)
(どれも細かい文法規則・ルールより、英語という言語の仕組みを、なぜそうなるかということとともに分かりやすく説明してある良書です)

毎日英語に触れるにはNHKのラジオ講座がお勧めです。ビジネス英語関連の講座がTOEIC向けだと思いますが、400点なら、そういうことは気にせずレベルに合ったものを選んでみてください。それを使って、文字を見ないで聞くだけで理解してみたり、読んで理解してみたりしたあと、口からすらすら出てくるようになるまで音読するといいですよ。。特にシャドーイングといって、音声を止めずにかけたままにして、その後について発音していく練習方法がお勧めです。聞きながら発音していくので、発音がしっかり頭に残っているうちに声に出すので、英語の音がしっかり身に付きます。自分で発音できるということは、聞くときにも聞き取れるということです。
このような練習をして体に英語をじわじわと染み込ませていくと、段々と英語が聞きやすく、読みやすくなってくるはずです。中高での英語に関する知識をつける勉強と違って、勉強している実感が湧きにくいかもしれませんが、知識より、能力として英語を身に付けることが重要ですので、このようにたくさん練習して英語を身に付けていってください。

では、がんばってください。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


今回は以上です。

では、また次回まで。

オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら