資格王道 |

資格取得を応援するブログ

基本情報処理 − 基本情報技術者試験ワンポイント講座「メモリインターリーブって何?」

2013.03.28 Thu

23:09:55

サラリーマンの3大資格は、

英語・会計・IT

です。

そこで、ここではITの基礎知識を身に付けるための情報をお届けします。

基本情報技術者は、40台から目指す試験ではないのですが、開発者の基本知識です。

コンピュータが動く仕組みを理解することは、コンピュータを利用する上でも役立ちます。

コンピュータ利用者にとってはワンランク上の知識ですが、勉強してみましょう。


基本情報技術者試験ワンポイント講座「メモリインターリーブって何?」



システムの開発者を目指す人にとっても、基本的な知識とはいえ専門家の入り口です。

やはり、皆さん、悩んでいる人が多いです。


基本情報処理の資格は社会的日本人評価されますか?
基本情報処理の資格は社会的日本人評価されますか?


- 回答 -
はじめまして、私はITパスポートと基本情報を取得しています。
コンピュータ関連企業であれば、評価は低い条件だと思います。
しかし、一般企業で務めるのならまぁまあよいと思います。
コンピュータ関連企業は応用情報以上を取得していると結構評価されます。
また、これらの資格を取得した場合、コンピュータに対する知識も高いと評価されますので、資格=スキルになっています。
結論から言うと、基本情報は普通だと思います。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


すぐに分からなくても、がんばりましょうね!!

今回は以上です。

では、また次回まで。

オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら