資格王道 |

資格取得を応援するブログ

基本情報処理 − 【サンプル】(アルゴリズム)基本情報技術者試験 平成24年秋期 午後問8

2013.03.27 Wed

07:39:55

サラリーマンの3大資格は、

英語・会計・IT

です。

そこで、ここではITの基礎知識を身に付けるための情報をお届けします。

基本情報技術者は、40台から目指す試験ではないのですが、開発者の基本知識です。

コンピュータが動く仕組みを理解することは、コンピュータを利用する上でも役立ちます。

コンピュータ利用者にとってはワンランク上の知識ですが、勉強してみましょう。


【サンプル】(アルゴリズム)基本情報技術者試験 平成24年秋期 午後問8



システムの開発者を目指す人にとっても、基本的な知識とはいえ専門家の入り口です。

やはり、皆さん、悩んでいる人が多いです。


基本情報処理試験の午後試験なかなか受かりません 基本情報処理試験の午後試験なか...
基本情報処理試験の午後試験なかなか受かりません
基本情報処理試験の午後試験なかなか受かりません。
代わりにサーティファイの情報処理技術者能力認定試験1灸は、
所持していますが、この昨今の不況は、それだけでは、許してもら
えません。
もし、この秋試験でしくじれば、2回目の午前免除が、またしても
パーになります。みなさん、午後試験の勉強も行き詰まっています。
袋小路というやつです。この閉塞状況をどうやって突破すれば、良
いのか?皆さん、意見ください。


- 回答 -
基本情報技術者や初級シスアドには、ある種の計画性が大切でした。

基本情報技術者は合格率15%→25%程度と上昇していますので、思考力を要する出題は減ったと考えられます。
まず、時間配分、各問題の得点配分 この二つを比較することで、その問題が「即効」で解く問題なのか「熟考」で解く問題なのか
把握できなければなりません。

この時点で、素人は、どちらも同じ配分で受験し、暗記で答えられる問題を考えすぎて時間をロスし、熟考で回答する問題を闇雲に問題も満足に読まずに、勘だのみで回答し、不合格するケースが多いです。


情報処理技術者試験は、以前は、時間が足りずに落ちる人が多かったです。
しかし、悩んで理解できず、時間がかかって回答する問題は、ほとんどの場合、誤っています。

私が、悩んで結局わからないのに、時間をつぶした問題での正答率は15%でした。

つまり、時間がかかる問題ほど誤りやすい統計にあるのです。ここから、難しい問題は「飛ばす」様にしました。

また、計算問題も時間がかかりますので、これも後回しにしました。


まず、午後問題は、小問1・・3ぐらいまでは、簡単に解ける問題しかでません。
ですので、大問の1〜5の、 小問1〜3ぐらいまでは即効で解ける仕組みになっています。

実は、この部分は、配点も半分ですので、半分の時間で解ける問題なのです。
半分の時間で解ける小問題は、実は、午前と同じクオリティで回答が可能なので、私は見た瞬間、なるべく悩まずに答えました。


つづいて、アルゴリズム、プログラム言語ですが、これは、配点が大きく設定(2倍に)されています。
ですので、思考も2倍時間をかけることが可能と言うことです。

思考力は、試験を開始後、徐々に落ちていきます。

ですので、配点が大きく、思考力を擁する大問は、先に30分かけて解きました。
プログラム30分(20点)→アルゴリズム30分(20点)→データベース15分(10点)→DFD15分(10点)→その他15分(10点)

と言う時間配分と得点ですので、
アルゴリズムを解いた後、データベース、DFD、その他はほぼ暗記クオリティの簡単な小問を速攻で解いてゆきました。

最後に、データベース、DFD、そのほかで、小問8番とか10番あたりの問題を勘だのみで解いてゆきました。


しかし、初級シスアド試験では、まさかの記述ミスで最後の大問題だけ、修正に手間取り、最後は適当にマークしただけでした。

しかし、考えすぎない時間配分戦略で、その他のほとんどの回答が正解で合格できました。

基本情報技術者の方が得意だったので、この戦略ははまりました。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


すぐに分からなくても、がんばりましょうね!!

今回は以上です。

では、また次回まで。

オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら