資格王道 |

資格取得を応援するブログ

簿記 − 柴山政行先生「速習!日商簿記3級」第1章 簿記のお約束 1/20

2013.04.18 Thu

22:21:59

これからみにつけるべき3大資格は、

英語・会計・IT

です。

そこで、まずは会計の知識を身に付けましょう。

その中でも、一番の基礎になるのが簿記です。

簿記3級の知識を身に付けましょう!!


柴山政行先生「速習!日商簿記3級」第1章 簿記のお約束 1/20



簿記の学習に悩んでいる方って結構いっぱいいるんです。
みんなで悩みを共有して、勉強のモチベーションをアップしましょうネ


『簿記 分からないので質問です。 3級をとるために独学しているのですが 読んでも分...』

簿記 分からないので質問です。
3級をとるために独学しているのですが 読んでも分からないところがあるので質問です。

1、有価証券とはなんですか?
ほかの会社や国が発行する国債のことだそうですが、
なぜ、自分の会社と関係のない債を買うのですか?
債そのものについても分かりません?

2、資産グループの、繰り越し商品とはなんですか?
仕入れた商品ファ売れなかった時に記録するとありますが
次の月の為にとっておけるものだったらどうするのですか?
生ものではなく、車とか。

3、繰り延べ資産とはなんですか?
本来は費用に分類されるものでも資産として扱うと本に書いてありますが
なんだかわかりません。

4、引当金について
退職給付引当金や賞与引当金があるそうですが
なぜ費用ではなく、負債グループとして考えるのですか?
給料は費用なのに・・・・

5、
純資産について
資本準備金と資本金の違いはなんですか?

利益準備金はなぜ費用、もしくは負債ではないのですか?
株主に渡すということは、金が減るだと思うのですが。
給料と同じと考えると、費用ですし。

お願いします、


- 回答 -

有価証券とは「価値が有る証券」ってことですね。
なぜ買うかというと、お金を儲けたいからです。
債を買うということは、会社や国にお金を貸すということです。
お金を貸すということはもちろん定期的に利息がもらえます。
だから利息などを目当てにして買うのです。


繰り越し商品についてはもう少々勉強を進めないと分かりにくいと思います。
まず、繰り越し商品については誤解があるようですが、生ものだろうと車だろうと関係ありません。
会社は基本的に1年ごとに会社の収入や経費などの集計をして決算をするのですが、
決算の時にお店にある商品の在庫(車や生ものなど関係なく)を来期に繰り越します。
この繰り越された商品を「繰り越し商品」といいます。
なんでこんな科目ができたかはもう少し勉強を進めると分かってくるかと思います。


繰り延べ資産とは例えば、
H20年にパソコンを10万円で買ったとします。
そのパソコンをその後5年間使ったとします。
普通に考えるとH20に10万円の費用がかかり、H21,H22,H23,H24にはパソコンの費用はかからないと考えるのですが、
会計の世界では少し違います。
「そのパソコンは10万円で買って5年間使ったんだから、H20〜H24にかけて2万円ずつの費用として考えるべき」
という考えなのです。
そこで、パソコン購入の10万円を費用にせずに資産にするのです。
なぜ資産?と思うかもしれませんが、「会社に10万円の価値があるパソコンが置いてある」と考えると資産と考えることができます。
そして一年ごとにパソコンの価値を2万円ずつさげていき、その価値が下がった2万円分を費用にしていくのです。
分かりずらいと思いますが、これが資産を繰り延べるということです。


引当金というのは、後で払わないといけないものを貯金しておきましょう というものです。
例えば退職給付引当金の場合。
Aさんが退職するときに100万円払う予定だとします。
何も準備せず、ある日Aさんが退職することになったから100万円用意するとなると大変です。
なので、月々例えば2万円ずつ貯金をして積み立てていきましょうというのが引当金です。
引当金というのは後で払わないといけないもの(会社にとって今後支出となるもの)なので負債となります。
なぜ費用にならないかというと、退職するまではAさんにお金を払っていないからです。
Aさんに払って、初めて費用になります。


資本準備金と資本金の違いですが、
資本金は会社の規模の指標になりやすいものです。
言わば会社の基盤で「うちの会社はこれだけ大きい会社だ」ということが分かります。
基盤のお金なので、簡単に使えないものなのです。
資本準備金は、将来資本金にすることもできるし他に使うこともできるので
ある程度使いやすいものです。
深い話をすると長くなりますので、今はこんな感じに覚えておいたらいいと思います。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


今回は以上です。

ではまた次回まで。

オススメ情報