資格王道 |

資格取得を応援するブログ

TOEIC勉強法 − 【改訂】リスニング【TOEIC】英語上達法|30日の英語耳リスニング練習

2013.04.04 Thu

16:38:14

最近は入社時や、課長昇格時にTOEIC730点以上必要という会社も増えてきました。

そこで、ここではTOEICの勉強法をお届けしていきます。


【改訂】リスニング【TOEIC】英語上達法|30日の英語耳リスニング練習



如何でしたか。

日本人にとって、実践する機会の少ない英語の勉強は、なかなか勉強の成果を実感できないですよね。

皆さんとても悩んでいます。

同じような悩みを読んで、自分だけが悩んでいるんじゃないんだと思って、頑張りましょう!!


TOEICの勉強法 今のところTOEIC200点です。今からしっかりと勉強したいのですが、...
TOEICの勉強法
今のところTOEIC200点です。今からしっかりと勉強したいのですが、何から手をつけてよいか分かりません。リスニングはCDつきの参考書を購入してから何度も繰り返して聞いています。しかし、リーディングについては何から勉強すればよいか分かりません。今のところは英単語を暗記しているのみです。特に文法問題の空欄を埋める問題はさっぱり分かりません。このような状態からの勉強法や分かりやすい参考書があれば教えてください。


- 回答 -
TOEIC800のアメリカ在住の者です。

200点なら、単語力がないんだと思います。
まずはTOEICに出てくる単語と文法を徹底的に覚えましょう。
それだけで200は増えます。
リーディングはそれからでいいですよ。
せめて400取れるようになってからですねぇ。
私は参考書は使ったことないのでわかりませんが、
文法だけとか単語だけの参考書から始めてはどうでしょう?

TOEICは慣れとコツです。

手伝えることがあれば手伝いますよー^^

Good Luck!

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


今回は以上です。

では、また次回まで。

オススメ情報

基本情報処理 − 基本情報技術者試験平成21年秋午後問2

2013.04.04 Thu

06:51:36

サラリーマンの3大資格は、

英語・会計・IT

です。

そこで、ここではITの基礎知識を身に付けるための情報をお届けします。

基本情報技術者は、40台から目指す試験ではないのですが、開発者の基本知識です。

コンピュータが動く仕組みを理解することは、コンピュータを利用する上でも役立ちます。

コンピュータ利用者にとってはワンランク上の知識ですが、勉強してみましょう。


基本情報技術者試験平成21年秋午後問2



システムの開発者を目指す人にとっても、基本的な知識とはいえ専門家の入り口です。

やはり、皆さん、悩んでいる人が多いです。


基本情報処理試験に関するいくつかのことを教えて下さい。 分かる項目のみでも一向...
基本情報処理試験に関するいくつかのことを教えて下さい。
分かる項目のみでも一向に構いません。
知っている方宜しくお願いします。

1)基本情報処理試験とは、システムアドミニストレータ試験と
同義ですか?

2)試験の合格率は何%程ですか?

3)合格の目安となる勉強量はどのくらいですか?
(一日何時間の勉強を何年続ければまず合格する、など)

4)2年間専門学校に行き勉強してこの試験を受けたものの、
不合格となり、卒業後も勉強を続けて再度受験するも、
再び不合格となる…というのは、この試験の難易度から
考えれば当然ですか?それとも、その人のモチベーションが
足りないだけ?


- 回答 -
第2種情報処理技術者(現在の基本情報)と初級システムアドミニストレータに合格したものです。

?基本情報処理は、プログラムを作成、読むことをメインとした試験です(開発者側)。
初級システムアドミニストレータは、システム利用者向けの資格です。よって、アプリケーションの使用なども出題されます。
したがいまして、試験は全く別のものになります。

?国家試験を主催しているIPAのサイトに詳細な受験者数、合格者数、合格率等が記載されております。
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_07toukei/_index_toukei.html
最新の20年度秋試験結果は、基本情報;23.3% 初級シスアド;28.6%となっています。

?基本情報は、専門学校(2年)在籍中に取得しました。学習時間はかなりのものだったと思います。(1日4時間*2か月くらい)
初級シスアドは、学生時代には合格できませんでした(1度受験するも不合格)
社会人になり、初級シスアド(2回目で合格)、情報セキュリティアドミニストレータ(4回目で合格)でした。
いずれも、一般の参考書や問題集を利用しました。初級シスアドは、30分*2週間程度です。
実際に表計算ソフトなどを過去問に従って操作するとイメージがわくと思います。

?午前、午後のどちらで苦戦されているかにもよりますが、基本は過去問題を最低3年分、
同難易度の他試験の過去問題もやりこむことをお勧めします。
やはり、操作したり実際にやってみるのが私的にはお勧めです。
特にどちらでもないというのであれば、初級シスアドから挑戦する方がよいと思います。

ただ、今回の春試験から試験制度ががらりと変わります。
ITパスポート試験を受験されることも考えてよいと思いますよ。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


すぐに分からなくても、がんばりましょうね!!

今回は以上です。

では、また次回まで。