資格王道 |

資格取得を応援するブログ

TOEIC勉強法 − TOEIC 60日で200点アップする勉強法

2013.03.05 Tue

22:57:26

最近は入社時や、課長昇格時にTOEIC730点以上必要という会社も増えてきました。

そこで、ここではTOEICの勉強法をお届けしていきます。


TOEIC 60日で200点アップする勉強法



如何でしたか。

日本人にとって、実践する機会の少ない英語の勉強は、なかなか勉強の成果を実感できないですよね。

皆さんとても悩んでいます。

同じような悩みを読んで、自分だけが悩んでいるんじゃないんだと思って、頑張りましょう!!


TOEICの勉強法について教えてください。 前回、TOEICを受けて595点でした。(来...
TOEICの勉強法について教えてください。

前回、TOEICを受けて595点でした。(来月も受ける予定です。)

目標は来年3月までに700点を取得したいのですがどういう勉強をしたらいいのでしょうか。
フルタイムで働いていて既婚なので時間は限られていますが、
時間の合間を見て中村澄子さんの問題を解いてみたり
NHKの英語の番組を聞いたりしています。

ちなみにリスニング330点・265点です。
効果的な学習法・やってみて良かったと思った勉強法を教えてください。

595点もがむしゃらに勉強した結果です・・・


- 回答 -
自分も30台になってから働きながら勉強してTOEIC400点台から勉強して900点台までなりました。その経験から少し書かせていただきます。

Listening:330 Reading:265 とのことですが、
Listeningは大体330-380点くらいが、普通の大卒の日本人が一生懸命勉強したときの壁みたいです。
これを打破するには、少し遠回りですが、正確な発音を身に付けて、英語の音を英語の音として(カタカナ置き換えなく)聞こえるようにして、リスニングの対応スピードを上げる必要があります。
お勧め教材は、単語耳シリーズのVol.1/2(ASCII 松澤 喜好著)などです。
ただしこれを身に着けるのは結構大変で、自然に英語の発音が出来るようになるまでには、かなりきつい体育会系の努力になります。ただ一度身についてしまえば、多少サボっていても、少し練習すれば取り戻せるよううになります。
Readingはまだかなり改善の余地がありそうです。
このテストのReadingは大学受験レベルの英語が身についていれば350-400点くらいは行くみたいです。
高校生の文法書を使って今一度おさらいをしたらどうでしょう。僕のお勧めは、総合英語Forest(桐原書店)です。

これから、英語を話すことを中心に考えるなら、発音の訓練を先にやっておいて損は無いですし、まずは基礎を身に付けてTOEICの点数を上げたいのなら、先に文法を固めてしまうのが手っ取り早いかと思います。

以上ご参考まで。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


今回は以上です。

では、また次回まで。

オススメ情報

基本情報処理 − 基本情報技術者試験ワンポイント講座「JBODって何?」

2013.03.05 Tue

22:16:12

サラリーマンの3大資格は、

英語・会計・IT

です。

そこで、ここではITの基礎知識を身に付けるための情報をお届けします。

基本情報技術者は、40台から目指す試験ではないのですが、開発者の基本知識です。

コンピュータが動く仕組みを理解することは、コンピュータを利用する上でも役立ちます。

コンピュータ利用者にとってはワンランク上の知識ですが、勉強してみましょう。


基本情報技術者試験ワンポイント講座「JBODって何?」



システムの開発者を目指す人にとっても、基本的な知識とはいえ専門家の入り口です。

やはり、皆さん、悩んでいる人が多いです。


基本情報処理技術者に合格したのですが、次、応用情報処理技術者を受けます。かな...
基本情報処理技術者に合格したのですが、次、応用情報処理技術者を受けます。かなりハードルが高いでしょうか?それ程難しくないでしょうか?



- 回答 -
基本情報技術者から応用情報技術者は時間がたつほど、合格率が低くなります。

初学から基本情報技術者を目指すのと、基本情報とってから応用情報めざすのでは、後者の方が早く取れます。

昔の、ソフ開、情報1種のころより、遥かにとりやすくなってると思います。

いまでは、基本とったら応用まで即効です。

応用を取るまでに、オラクルとかシスコとか民間試験を受験すると思いますが、取っておくと有利になります。


仕事してると、そこでも関連知識を身をもって体験できるので、解くスピードが速くなることもあります。

特に,SE、PG、ネットワークエンジニアなどで活躍されてると多少複雑な技能でも、簡単に理解できることがあります。

それでも、教科書でしっかり勉強やってないと、はずすことがあるので注意が必要です。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


すぐに分からなくても、がんばりましょうね!!

今回は以上です。

では、また次回まで。