資格王道 |

資格取得を応援するブログ

簿記 − 簿記3級のすすめ20☆仕訳・決算整理(固定資産?)(仮)

2013.03.04 Mon

17:18:33

これからみにつけるべき3大資格は、

英語・会計・IT

です。

そこで、まずは会計の知識を身に付けましょう。

その中でも、一番の基礎になるのが簿記です。

簿記3級の知識を身に付けましょう!!


簿記3級のすすめ20☆仕訳・決算整理(固定資産?)(仮)



簿記の学習に悩んでいる方って結構いっぱいいるんです。
みんなで悩みを共有して、勉強のモチベーションをアップしましょうネ


『日商簿記3級を勉強してるのですが、資産と収益の違いが分かりません。 収益は資産...』

日商簿記3級を勉強してるのですが、資産と収益の違いが分かりません。

収益は資産の増加原因というのは分かるのですが、

何故、資産と逆に書くのでしょうか? 資産と同じ、増えたら左、減ったら右では無いのは何故ですか?


日商簿記の勉強を始めたばかりでつまづいてます。

使っているテキストは「スッキリわかる日商簿記3級」です。


- 回答 -
難しいことをいうと、これは複式簿記というやつで、仕訳を書く際には必ず借方(左側)貸方(右側)を
同じ値段にしなければいけないからです。3級でも2級でも1級でも同じです。
なので左に2個書くのは絶対にありえないからです。

だからなにが資産でなにが収益の勘定科目を覚える必要があります。

簡単に質問します。

仕訳を考えてください、まずあなたはお店のオーナーです。
商品を5000円売った場合の仕訳は
あなたは現金(資産)が5000円増えるのでまず左に現金5000円を書く

現金 5000円/ ( )5000円

次に何で増えたかを右に書く、物を売った(収益の原因)売上を書くのです。

現金 5000円/売上 5000円

資産の増える原因の理由を書くのが空いている右側なのです。

かならず、左と右は同じ値段なのです。と考えるとわかるかな?


日商簿記3級がんばってください。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


今回は以上です。

ではまた次回まで。

オススメ情報

記憶術は資格の勉強の王道じゃないのですが − 日本一の記憶王 藤本憲幸記憶術

2013.03.04 Mon

07:16:26

記憶力を高めることは、すべての資格取得に通じます。

資格試験の基本的な勉強法は、

インプット − 知識を学ぶ



アウトプット − 知識を表現する

ことを交互に繰り返すことです。


しかし、インプットに時間がかかるとなかなか勉強が進まないものです。

そこで、「記憶術」が登場します。


日本一の記憶王 藤本憲幸記憶術



今回の動画はいかがでしたか。


世の中には、いろいろと記憶術の教材があるんです。

是非、こちらをクリックしてみてください。

記憶術”日本一”勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術 ---Sensitivity---

記憶術”日本一”勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術 ---Sensitivity---

(もし、その全貌にホンの少しでも思うのでしたら、今すぐこのページを最後まで読んでみてください。)
これからの世の中は「頭がいい」者だけが勝つ時代だ。特に世界の大物と会ってきた私にはそれがわかる。レーガンでもキッシンジャーでもシュミットでも最新のデータを素早く把握し、それを見事に”記憶”している。だからこそ、大物になれたのだと思う。
情報化社会が進みむにつれ、ますます豊富な知識が要求されている今、藤本さんの開発したこの記憶術は、受験生やビジネスマン諸氏の驚異的な武器になるだろう。
小川宏氏のプロフィール(Fresh ぺディア参照)京都...
つづき
(この記事はこちらから引用させて頂きました。)


今回は以上です。

では次回まで。

See You