資格王道 |

資格取得を応援するブログ

基本情報処理 − きのこの皆さんたちによる基本情報技術者試験の勉強1【二進法】.avi

2013.03.01 Fri

18:12:38

サラリーマンの3大資格は、

英語・会計・IT

です。

そこで、ここではITの基礎知識を身に付けるための情報をお届けします。

基本情報技術者は、40台から目指す試験ではないのですが、開発者の基本知識です。

コンピュータが動く仕組みを理解することは、コンピュータを利用する上でも役立ちます。

コンピュータ利用者にとってはワンランク上の知識ですが、勉強してみましょう。


きのこの皆さんたちによる基本情報技術者試験の勉強1【二進法】.avi



システムの開発者を目指す人にとっても、基本的な知識とはいえ専門家の入り口です。

やはり、皆さん、悩んでいる人が多いです。


情報処理技術者試験は基本情報処理技術者試験より難易度はどのくらい易しくなって...
情報処理技術者試験は基本情報処理技術者試験より難易度はどのくらい易しくなっているでしょうか。


- 回答 -
基本情報技術者試験は情報処理技術者試験の12ある試験区分の中の1つです。
基本情報技術者試験は情報処理技術者試験の12試験区分の下から2番目のレベルです。つまり、基本情報技術者試験より難しい試験は10もあります。
http://www.jitec.jp/1_11seido/seido_gaiyo.html

補足に対する回答です。

答えようにも質問がおかしいと指摘したのです。
例えば、人間と哺乳類はどちらが賢いですか?と聞いているのと同じなのですから。

人間は哺乳類の中の1種。
人間が哺乳類の中でどれくらい賢いか?という質問だったらあり得ますが、人間と哺乳類を比較することはできませんよね?
それとこの質問は全く同じなのです。

情報処理技術者試験と言う12区分ある試験の中の1区分が基本情報技術者試験。
基本情報技術者試験と情報処理技術者試験を比べろと言うのが無理なんです。

但し、情報処理技術者試験の中で基本情報技術者試験がどれくらいの難易度かと言う質問であれば、12区分ある中の下から2レベル目だと言う回答ができますが。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


すぐに分からなくても、がんばりましょうね!!

今回は以上です。

では、また次回まで。

オススメ情報

簿記 − 簿記3級

2013.03.01 Fri

08:05:53

これからみにつけるべき3大資格は、

英語・会計・IT

です。

そこで、まずは会計の知識を身に付けましょう。

その中でも、一番の基礎になるのが簿記です。

簿記3級の知識を身に付けましょう!!


簿記3級



簿記の学習に悩んでいる方って結構いっぱいいるんです。
みんなで悩みを共有して、勉強のモチベーションをアップしましょうネ


『簿記3級を独学で勉強しているものです。 数年前から簿記の資格を取ろう!と思って...』

簿記3級を独学で勉強しているものです。
数年前から簿記の資格を取ろう!と思って『超スピード合格!日商簿記3級テキスト&問題集』(2010年発行)の物を買いました。
ですが読んでもいまいち分からず放置。

そして今年になってまた簿記熱が復活したので、まず超簡単でわかりやすいという『はじめての人の簿記入門塾―まずはこの本から!』を購入しました。これで全体の流れはわかったのですが、さすがにこの本だけでは全て理解することは無理だと思うので、2年前に買った本でも勉強し始めました。

が、独学で簿記の勉強をする場合、問題集や過去問もやったほうがいいと聞きました。
この場合、『超スピード合格!日商簿記3級テキスト&問題集』と同じシリーズの実践問題集を買った方がいいのでしょうか?
それとも他の出版社から出ている物の方がいいのでしょうか?

2月まであまり時間がないので、おすすめの問題集や過去問のテキストを教えていただけたら嬉しいです。


- 回答 -
二級まででしたら出題のパターンがある程度固定されているので過去問は解いたほうがいいでしょうね。
どこの出版社のものでも構いませんから、一度過去問を解いてみましょう。
そこで解いてみて、まだまだ力不足だなあと思えば問題集を新たに追加するのもありだと思います。
三級程度でしたら特にどこの出版社でも違いはないとは思いますが、念のため同じところから出ているものがいいかと…。
(級が上がってくると会社によって解説や、問題の解き方が違ってきたりもするんです)
個人的にはTACのよくわかるシリーズがお勧めです。
ボリューム的にも軽すぎず重すぎずちょうどいいかなあと思います。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


今回は以上です。

ではまた次回まで。