資格王道 |

資格取得を応援するブログ

TOEIC勉強法 − TOEIC part3 part4 part7 の求人広告の解き方の解説・勉強法・対策

2013.02.26 Tue

20:14:53

最近は入社時や、課長昇格時にTOEIC730点以上必要という会社も増えてきました。

そこで、ここではTOEICの勉強法をお届けしていきます。


TOEIC part3 part4 part7 の求人広告の解き方の解説・勉強法・対策



如何でしたか。

日本人にとって、実践する機会の少ない英語の勉強は、なかなか勉強の成果を実感できないですよね。

皆さんとても悩んでいます。

同じような悩みを読んで、自分だけが悩んでいるんじゃないんだと思って、頑張りましょう!!


TOEICの勉強法についてです。 今大学2年生で センターでは英語で8割〜9割とってい...
TOEICの勉強法についてです。

今大学2年生で
センターでは英語で8割〜9割とっていたのですが
それ以来ほぼ英語にふれていません。
塾講をしているので中学レベルなら大丈夫ですが
高校レベルになると文法、単語とも不安です。



TOEICの勉強するとき
シス単のような受験用の単語帳から復習した方がいいのですか?
それすっとばしてTOEIC用のだけでいいですかね?

文法に関しても同じです。

TOEICは慣れだ、との話も聞きましたが
みなさんはどのような勉強をしていますか?


- 回答 -
センター9割ちょいで、数年後勉強してTOEIC900点ぐらい取りました。

?単語 システム英単語を全部覚えてからTOEIC用の英単語をやりましょう。
多分半分くらいは被っているのでシス単は無駄にはなりません。
(本当はTOEIC向けだとしても、「受験英語からのTOEFL単語4000」というのがオススメですが)

?リスニング 英語耳、という青い本で毎日30分発音練習×一ヶ月。後はCNN English Expressという月刊誌を毎日1時間程。これは実際にニュースとそのスクリプトがついていて、シャドーイングすればTOEIC程度なら楽勝になります。他にもEnglish Journalとか色々あった気がします。

?リーディング TOEIC用の教材はもれなく高いので、僕は毎週TIMEとNewsweekを買って読んでました。これ読んでたらTOEICのリーディングは時間余ります。

僕はこれだけをやって伸びました。(他の人も伸びます。確実に。)
TOEICは慣れの部分もありますが、そんなの直前に模試形式を3〜5回解けば十分でしょう。不安なら一冊解き方テクニック的な本を一冊やってもいいと思いますが…
慣れで伸びてもせいぜい100点でしょう。
後は実力です。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


今回は以上です。

では、また次回まで。

オススメ情報

基本情報処理 − 基本情報技術者試験ワンポイント講座「レジスタって何?」

2013.02.26 Tue

09:42:23

サラリーマンの3大資格は、

英語・会計・IT

です。

そこで、ここではITの基礎知識を身に付けるための情報をお届けします。

基本情報技術者は、40台から目指す試験ではないのですが、開発者の基本知識です。

コンピュータが動く仕組みを理解することは、コンピュータを利用する上でも役立ちます。

コンピュータ利用者にとってはワンランク上の知識ですが、勉強してみましょう。


基本情報技術者試験ワンポイント講座「レジスタって何?」



システムの開発者を目指す人にとっても、基本的な知識とはいえ専門家の入り口です。

やはり、皆さん、悩んでいる人が多いです。


基本情報処理試験の選択言語は何がいいでしょうか?? 私自身は特にプログラマー志...
基本情報処理試験の選択言語は何がいいでしょうか??
私自身は特にプログラマー志向ではないので、表計算にしてしまえば楽かもしれませんが
後々応用情報処理とか、さらにその上の試験・・・となったときに言語選択必須だと困りますし・・・
ご指導よろしくお願いいたします。


- 回答 -
「特にプログラマー志向ではない」なら、表計算にしたほうがいいです。
プログラムの経験がない人に、擬似言語(問8)と、プログラム言語の難問2つをバ
ランスよく解答するのは中々難しいです。
(ここ数回は表計算が突然難化することはないと思うので、)表計算を確実に取っ
て、残った時間で擬似言語を試験時間中に何度も考え直してみる。という時間配
分になると思います。(あくまでも、プログラムの経験がないという前提ですが。)

C言語に似ていると言っても、C言語自体が初学者にとっては難しいので、C言語
ができれば擬似言語は難なく解けるというハイ・レベルな話です。

「応用情報技術者とか、さらにその上の試験」と漠然としているので、どのようなお
仕事をされているのか、または学生さんなのかは判りませんが、「プログラマー志向
ではない」、「どちらかというとシステム管理や、利用者側」でしたら、応用情報では
プログラム言語(アルゴリズム)は、ストラテジ(経営/IT戦略)系との選択問題です
し、高度試験では論文中心で、言語が必須でないのもありますので、「さらにその
上の試験」(今後の進路)は漠然としているけど、兎に角「基本情報技術者」は取
りたいのであれば、表計算(、又はCASLIIぐらい)を選択言語とした方がいいです。

150分あると言いますが、実際の試験の重圧の中では時間はないようなものです
し、午後試験は過去問で解いたようなことのない問題にあうと頭が白くなって一旦
解く気が失せてしまうこともあります。
ちょっと間をおいて頭を冷やすとパッと閃くこともありますので、できるだけ時間は必
須解答の擬似言語に残した方がいいです。
(もし、プログラム経験がある方なら話は別ですが。)

試験が終わって、帰りの電車・バス等の中でボーっと問題を見てたら、たいした問
題ではなかったということもありがちですから。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


すぐに分からなくても、がんばりましょうね!!

今回は以上です。

では、また次回まで。