資格王道 |

資格取得を応援するブログ

基本情報処理 − 基本情報技術者試験ワンポイント講座「ゾーン10進って何?」

2013.02.14 Thu

23:13:34

サラリーマンの3大資格は、

英語・会計・IT

です。

そこで、ここではITの基礎知識を身に付けるための情報をお届けします。

基本情報技術者は、40台から目指す試験ではないのですが、開発者の基本知識です。

コンピュータが動く仕組みを理解することは、コンピュータを利用する上でも役立ちます。

コンピュータ利用者にとってはワンランク上の知識ですが、勉強してみましょう。


基本情報技術者試験ワンポイント講座「ゾーン10進って何?」



システムの開発者を目指す人にとっても、基本的な知識とはいえ専門家の入り口です。

やはり、皆さん、悩んでいる人が多いです。


「基本情報技術者試験」と「情報処理技術者試験」と「ITパスポート」の違いを教え...
「基本情報技術者試験」と「情報処理技術者試験」と「ITパスポート」の違いを教えてください!
どんな人がどの資格がいいのかなど、できれば丁寧にお願いします。



- 回答 -
基本情報技術者もITパスポートも経済産業省所管の国家試験である情報処理技術者試験の中の一試験区分です。
ITパスポートは日常的にパソコンなどの情報機器を使用する一般の社会人向けの試験で基本情報技術者はIT技術者(プログラマやシステムエンジニア、ネットワークエンジニアなど)の登竜門となっています。

- 補足拝読 -
「ITパスポート」を持っていなくても「基本情報技術者試験」は受験できます。
既にIT業界で働いている技術者などはITパスポートを受験せずに基本情報技術者や応用情報技術者から受験する方も居ます。
「情報処理技術者」という資格はありません。12試験区分の総称を情報処理技術者試験と呼びます。


詳しくはこちらの知恵ノートをご覧ください。
■情報処理技術者試験とは
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n14051

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


すぐに分からなくても、がんばりましょうね!!

今回は以上です。

では、また次回まで。

オススメ情報

簿記 − 簿記3級のすすめ01☆試験について

2013.02.14 Thu

00:06:38

これからみにつけるべき3大資格は、

英語・会計・IT

です。

そこで、まずは会計の知識を身に付けましょう。

その中でも、一番の基礎になるのが簿記です。

簿記3級の知識を身に付けましょう!!


簿記3級のすすめ01☆試験について



簿記の学習に悩んでいる方って結構いっぱいいるんです。
みんなで悩みを共有して、勉強のモチベーションをアップしましょうネ


『簿記3級を勉強するにあたって 簿記を独学で少し勉強しています。 そこでCASIOの評...』

簿記3級を勉強するにあたって
簿記を独学で少し勉強しています。

そこでCASIOの評判が良いのでCASIOの電卓を買おうかと思っています。

しかしカシオの中でも電卓の種類が沢山あるのでどれが簿記に適しているものなのかわかりません。

簿記を勉強されている方の意見が聞きたいです。

よろしくお願いします。


- 回答 -
先の解答の方のCASIOのこれに賛成の一票です。
http://book.o-hara.ac.jp/ooharabook/7.1/01-2012-A820-02/
3級は持っていませんが、1級と会計士を持っています。
でも、3級や2級の方が清算表の問題の検算等で電卓を猛烈に叩く試験だと思います。
ですから3級からいい電卓を持っていて損はしません。本当にいい電卓です。

電卓のボタンが金太郎飴のようになっていて、何度叩いても印字が薄くなると言うことはありません。
いつまでもキレイな文字が見えます。
とっても静かです。
速く打つようになっても、必ずキーがついてきてくれます。
あまりに有名な機種なので、検定試験で間違えて取り上げられるといった事故は絶対に起きません。
メモリーを押すだけで定数計算が一つ進んでちょっと得した気分です。(これは2級あたりでわかります!)

ただ、CASIOが独特なので、ご自身が他の電卓を渡されたときには同じパフォーマンスを出せません。
シャープからキャノンに乗り換えは可能ですが、CASIOからだとちょっと面倒です。特にメモリー機能が。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


今回は以上です。

ではまた次回まで。