資格王道 |

資格取得を応援するブログ

TOEIC勉強法 − TOEIC テスト受験対策・コツ・勉強法・スコアアップ

2013.02.12 Tue

15:15:20

最近は入社時や、課長昇格時にTOEIC730点以上必要という会社も増えてきました。

そこで、ここではTOEICの勉強法をお届けしていきます。


TOEIC テスト受験対策・コツ・勉強法・スコアアップ



如何でしたか。

日本人にとって、実践する機会の少ない英語の勉強は、なかなか勉強の成果を実感できないですよね。

皆さんとても悩んでいます。

同じような悩みを読んで、自分だけが悩んでいるんじゃないんだと思って、頑張りましょう!!


TOEICの勉強法でTOEIC用の参考書一冊だけでも高得点は採れますか?
TOEICの勉強法でTOEIC用の参考書一冊だけでも高得点は採れますか?



- 回答 -
別質問でも回答しましたが、現在の力量をスタート地点にすると、参考書1冊を完璧にすると、まったく何もしなかった状態と比較すると、比べ物にならないくらい高得点となると思います。
ですが、まだTOEICに特化した参考書を難なく理解して何度か読み返せば1冊完璧になるというレベルに到達するには時間がかかりそうな感じもします。

もし受験に先だって1冊購入するということであれば、まずは直接のスコアアップを目的とした学習の前に、単熟語の増強をすることをお勧めします。可能であれば、合わせてセンターマーク問題集を1冊入手するか、TOEIC Bridgeのテキストを取り組むか、英検準2級または2級の問題集を入手し、そこで出合った語彙を全てノートに書き写すか、エクセル等に打ち込んで単語表を作成するかして、まず増強させます。
文法に関しては、それこそTOEICのテキストとは比べ物にならないくらい大量にありますので、ここは大学受験を目指すということで、学校の先生に、余って使われなくなった文法テキストを1冊もらって、添削指導でもしてもらうと良いと思います。もちろん河合塾や代ゼミに通って学習するでも構わないのですが、もう少し基礎力をつけてからでないと、予備校の授業に思ったほどついて行けず、10万近い冬期講習や春期講習代を無駄にしてしまう可能性があります。

文法基礎力とある程度の単語・熟語力がみについて、初めて、TOEICのテキストを真剣に集中して隅々まで覚える作業に入ることが出来ます。特にレベル差が激しいのがリスニングで、スピード、分量共にセンターや受験英語のものを遥かに越えます。シャドーイングやディクテーションを練習するにはこれでもまだ早いので、しばらくは「原稿を読み、訳と正答を確認する」、「原稿を見ながらCDを聞いて理解する」「CDを止めて、真似をして音読してみる、その時に意味を頭に入れながら行う」という作業をやってみて下さい。
参考書1冊を完璧にする素地を作るのに時間がかかるかも知れませんが、大学入学直後の学生も強制TOEICはボロボロです。焦らないでやって下さい。


補足ですが、
立教大の現代心理学部は個別学力試験・センター利用の倍率が7倍くらいですが、自由選抜入試(いわゆるAOのようなもの)では志願倍率が2倍程度に減ります。ただしこの場合、心理学の本を何冊も読み詳しくなっているか、課外活動をかなり行っていることが条件になります。
http://www4.d-pam.com/fileRoot/fp/2/0/200503/DigitalAlbumRoot/09052...
もし、この入試制度もにらみつつのTOEICと言うことであれば、尚のこと、基礎固めをしながら語彙練習とCDの発音練習を勧めておきます。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


今回は以上です。

では、また次回まで。

オススメ情報

基本情報処理 − 基本情報技術者試験ワンポイント講座「割り込み処理って何?」

2013.02.12 Tue

05:25:15

サラリーマンの3大資格は、

英語・会計・IT

です。

そこで、ここではITの基礎知識を身に付けるための情報をお届けします。

基本情報技術者は、40台から目指す試験ではないのですが、開発者の基本知識です。

コンピュータが動く仕組みを理解することは、コンピュータを利用する上でも役立ちます。

コンピュータ利用者にとってはワンランク上の知識ですが、勉強してみましょう。


基本情報技術者試験ワンポイント講座「割り込み処理って何?」



システムの開発者を目指す人にとっても、基本的な知識とはいえ専門家の入り口です。

やはり、皆さん、悩んでいる人が多いです。


基本情報処理技術者について 基本情報処理技術者の資格は難しいですか? 受けたこ...
基本情報処理技術者について
基本情報処理技術者の資格は難しいですか?
受けたことあるかた、べ尿したことのある方に答えて欲しいです。
今現在は、機械工学科に通う1年生です。エンドベッテムシステムエンジニアの資格を取ろうと思って基本から始めようと思い基本情報処理技術者に興味が湧きました。


- 回答 -
自身の合格経験で見解を記載したいと思います。

難しさについてですが、大学理系に合格できる基礎学力を持っているのでしたら、相応勉強すれば十分脈のある資格かと思います。(大学1年ということなので、受験勉強のテクは一番持っている年代かな?)
自身は大学卒業直後(正確に言うと就職して間もない時期ですが)にこの資格に合格しました。ただ、先のご回答者様が書かれているとおり、全体の合格率が20%前後かそれ以下くらいで、決して高い訳ではありませんので、初心者の方が受けるにあたってはそれなりには勉強は必要です。

ポイントが何点かあります。
・試験が午前・午後としっかりあります。
・午前はなんやかんやといって、大学の受験のノリで、入試の勉強をしっかりこなされた力を持っていれば、そんなには苦労はされないと見ます。
午前は、とにかく「コンピュータに関する用語」を幅広く隅々と覚えなくてはなりません。これは、毎日市販の参考書・問題集等を読んで覚えることかと思います。大学1年生とのことですので、これまでに経験された大学受験のノリで覚えていただければクリア出来るかと思います。書店に沢山並んでいるような本を探していただいて読んで覚えていただければいけるかと思います。
たいてい参考書の前半には、必ずと言っていいほど「ハードウェアとソフトウェア」というような分野があります。ここが一番面倒ですが、肝にあたるところですので、ここで挫折しなければ合格の道は開けます。
また、高校の学力があれば、むずかしくはないですが若干数学知識が必要な問題もあります。毎年のお約束のように出題されますが、進数の変換とか、磁気ディスクの速度・容量計算とかコツをつかんでいただく問題があります。
若干コンピュータに関する実務経験(=会社での業務経験)があった方が解きやすい問題もありますが、言葉を覚えてしまえばクリアは可能です。
→いずれにせよ、所詮は入試の時のような、4択マークシートの問題、なんとかなります。

・午後については、いろいろ選択問題もありますが、特に、プログラム(C、COBOL、JAVA、CASLなどのうちからどれか一つ)、及び流れ図やロジックの読解などの実務知識が必要で、この分野の会得について避けてとれません。難しい知識は要しないのですが、このあたりをどこで覚え身につけるかがポイントです。

自身は、経営情報系学科の大学の出身でしたので、午後問題はプログラミング実習や卒業論文とかで用いる機会が比較的あったため、あまり苦労はしませんでしたが、学生(初期の学年)で取得するに当たっては、午後のクリアを如何に行うかがポイントかと思います。

自身の経験ですが、基本情報であれば、まじめに1〜2ヶ月真剣に勉強すれば合格できた記憶があります。

それより高度の情処資格は大変でしょうから、今回の基本情報や、その上の応用情報をクリアされたら検討されるとよいでしょう。
そんなことを言っておきながら、私もその上の応用情報すら持っていません。システムエンジニア系の業界に身を置いており、会社ではプレッシャーを毎度かけられますが、年を取るとちっとも受からないというか、ろくに勉強もしていません。
今春こそはと思い、この回答をしているパソコンのそばに、参考書を置いて頑張ろうとは意気込んでいるところ・・・
就職に使える使えないはともかく、国家の資格ではありますので、持っていても損はないと思います、そしてこの手のものは若いうちに頑張ってください。と、お伝えしておきたいと思います。

●補足を受けて
ずばり、何とかなりますよ。自分も1浪で、かつ、ほめられた大学を卒業したとはいえません。(マジですが大学名はここに書けません・・・)こんな私でも合格できましたので。
私は懸念していたのは、プログラミング経験の有無ですが、C言語の初級を触られているなら十分です、Cならではの最初のハードルである、ポインタ・配列のちょっとをかじれて理解出来るレベルを持っていて、膨らませれば現時点では十分です。(私は社会人ですが、文系出身の人(経済や人文系)でも就職後合格をしてくる人だって見ていますから)
もちろん学校の勉強を優先してください。学年が低いうちは必須履修科目も多いでしょうから。
ただ、大学生は高校と違い、自ら時間の管理が自由に行える場です。周りにはバイト・サークルとかで勉強以外に時間を当てている学生も見えると思います。資格取得勉強に時間を当てるについても、ご自身の工夫次第です。私は結構遊んでいた学生でしたが、片手間に時間を見つけて勉強はしました。真剣にやるという表現よりは、1日の勉強では受かりませんので、毎日の中で時間を作って頂き「コツコツ集中し、計画的」に取り組む事でしょうか。これは基本情報の勉強に限らない話かと思います。まだ次回・来年4月の試験まで5ヶ月以上あります。頑張って下さい。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


すぐに分からなくても、がんばりましょうね!!

今回は以上です。

では、また次回まで。