資格王道 |

資格取得を応援するブログ

TOEIC勉強法 − トーイック(TOEIC)の勉強法ならこれがオススメ!聞き取り・リスニング対策練習動画DVD教材で短期間上達

2013.05.23 Thu

15:16:19

最近は入社時や、課長昇格時にTOEIC730点以上必要という会社も増えてきました。

そこで、ここではTOEICの勉強法をお届けしていきます。


トーイック(TOEIC)の勉強法ならこれがオススメ!聞き取り・リスニング対策練習動画DVD教材で短期間上達



如何でしたか。

日本人にとって、実践する機会の少ない英語の勉強は、なかなか勉強の成果を実感できないですよね。

皆さんとても悩んでいます。

同じような悩みを読んで、自分だけが悩んでいるんじゃないんだと思って、頑張りましょう!!


TOEICの勉強法について質問です。 僕は現在、就活を目前に控えた大学三年生な...
TOEICの勉強法について質問です。
僕は現在、就活を目前に控えた大学三年生なのですが
これといってやるべきことも思いつかないので、とりあえずTOEICの点数でもあげておこうかと思い立ちました。
受験以来、まったくと言っていいほど英語から離れていたので、英語力はがたおちです。
当時は偏差値60前後の英語力でしたが、今はみるかげもありません。

単語力をきたえなければならないのはもちろんですが、文法などもかなり忘れています。

しかしTOEICに対する備えというのは、ただたんに大学受験と同じような勉強をすればいいのでしょうか?
参考書で言うと、NEXTAGE(ネクステージ)やターゲットなどをまた繰りかえし勉強すればいいのでしょうか。
それともTOEIC独特の出題分野というのがあるのでしょうか?

今の自分の状態は

・基本的な文法の知識はかつてはあった(今はうろおぼえ)
・単語量は激減
・リスニングは割と得意

求める参考書は、tOEICによくでる頻出ポイントといった風に、要点だけをつまんだものではなく、全体を網羅できるようなものがいいです。

勉強法、参考書等のアドバイスをお願いします


- 回答 -
別に、TOEIC独自の出題分野みたいなものが存在するわけじゃないけれど、TOEICの問題はスピード勝負。

基礎的な英文法の知識を問う問題もあるけれど、全体の量からすればわずか。語彙を問う問題の方がまだ多い。よっぽど文法に自信がない場合(形容詞と副詞の違いもわからない場合)ならともかく、偏差値60あったんなら、TOEICのためにはネクステなんてやるのは時間の無駄。

リスニングが半分だけど、大学受験のリスニングとはレベルが違う。どう違うかと言うと、1回しか英文が読まれないし、メモも取ってはいけない。

最後の長文は、普通の大学受験の長文とは全く形式が異なる。ビジネスメールだの、回覧板だのを読んで、情報を瞬時に読み取る能力が求められる。1問あたりの分量は少ないが、圧倒的スピードが求められる。

とにかく、質問するよりも、先にTOEICの模試問題集を1冊買って(本番と同じ形式の模試が収録されているものが何冊も出てる)、TOEICがどういうものか、知るところから始めるのがいい。ちゃんと時間を本番どおりに測りながらね。おそらく初めてだと、「マジ!? 何これ!? できるわけねーじゃん!」というぐらいビックリする。

TOEICは2ヶ月に1回くらいやってるから、早速申し込んでみるといい。そして、「TOEIC600点突破」とか「TOEIC800点突破」とか、そんなのが問題集も単語集も沢山出てるから、自分の目標点数にあったやつを選べばいい。

TOEICは、形式になれさえすれば、飛躍的に点が上がる。自分も初めて受けたときは時間が全く間に合わず700点台に終わった。しかし、模試問題集を1冊練習して2ヵ月後に再チャレンジしたら800点台にあがり、その1ヵ月後、もっと練習したら900点台に上がった。つまり、3ヶ月で200点伸びた。

とにかく、まずTOEICがどんなものか、自分が知らんことには話にならないので、模試問題集を1冊買って、1,2回練習したら、さっさとTOEIC本番に申し込んじゃってください。それで自分の点数を知って、その点数にあわせて本屋で問題集探してください。

問題集や参考書探す際には、TOEICの点数上げたいだけなら、「TOEIC」とタイトルについてるやつ買わないと意味ないよ。実際に問題形式を見たらわかると思うけど、他の問題集なんかやっても無意味だから。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


今回は以上です。

では、また次回まで。

オススメ情報

TOEIC勉強法 − TOEIC攻略

2013.05.19 Sun

14:36:41

最近は入社時や、課長昇格時にTOEIC730点以上必要という会社も増えてきました。

そこで、ここではTOEICの勉強法をお届けしていきます。


TOEIC攻略



如何でしたか。

日本人にとって、実践する機会の少ない英語の勉強は、なかなか勉強の成果を実感できないですよね。

皆さんとても悩んでいます。

同じような悩みを読んで、自分だけが悩んでいるんじゃないんだと思って、頑張りましょう!!


TOEICの勉強法について。 単語をコツコツやるのといきなり問題を多く解くのどちら...
TOEICの勉強法について。

単語をコツコツやるのといきなり問題を多く解くのどちらが良いですか?

国立大理系の二年生です。
英語は凄く苦手だったのですが、
一番の目標はTOEIC700点以上ですが、それに限らず英語が出来るようになりたいです。

勉強法のアドバイスお願いします。


- 回答 -
windy_days1617さん

TOEIC対策に限れば、絶対に後者です。

TOEICは傾向があります。頻出単語も限られている方です。つまり数多く覚えれば良いというものではないということです。

ところが罠があって、同じ単語でも文脈の中で使われ方が異なって出てくるのです。特に、同じ意味のことを違う単語で言い換えるというパターンを良く使います。

ということは、できるだけ実践に近い例文を数多くこなせば、頻出単語を覚えることができるばかりか、TOEICの傾向を実感できて対応ができるということです。

同じ時間を費やすなら、対効果としては例文を多く解く方が良いです。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


今回は以上です。

では、また次回まで。

TOEIC勉強法 − TOEICリスニング短期集中勉強法動画 聞き取りのやり方・コツ・攻略法

2013.05.14 Tue

14:52:20

最近は入社時や、課長昇格時にTOEIC730点以上必要という会社も増えてきました。

そこで、ここではTOEICの勉強法をお届けしていきます。


TOEICリスニング短期集中勉強法動画 聞き取りのやり方・コツ・攻略法



如何でしたか。

日本人にとって、実践する機会の少ない英語の勉強は、なかなか勉強の成果を実感できないですよね。

皆さんとても悩んでいます。

同じような悩みを読んで、自分だけが悩んでいるんじゃないんだと思って、頑張りましょう!!


TOEICの勉強法について教えてください! TOEIC試験残りあと3週間のところで、今回...
TOEICの勉強法について教えてください!
TOEIC試験残りあと3週間のところで、今回こそ本気でやりたいと思いますが、短期間で点数を延ばせる方法がありますか?
前回、一応600点を目指して、あれこれやってたんですけど、結局465点しか・・・・・・
内訳として、リスニングは300点位取れて、しかし、リーディングはね・・・165点しか取れなかったんです。
読解について、いい勉強法がありますか?
あとは、役立つ参考書などあれば、ぜひ教えてくだいさい。
(購入可能のものに限る)


- 回答 -
とにかく「TOEIC新公式問題集」を繰り返すことをオススメします。

●TOEIC新公式問題集
http://www.amazon.co.jp/TOEIC%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E6%96%B0%E...

このテキストは、TOEICを主催しているETS社が出版している公式テキストで、唯一本物の問題を載せている模試問題集です。この公式問題集をしっかりと解いて、形式と頻出パターンに慣れておくだけで、100点〜200点ぐらい点が上がります。逆に、やっておかないと非常に損です。

とにかく本番と同じく2時間で1セット(200問)解いて、答え合わせして、復習するだけです。

●公式問題集の使い方
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/133161178.html

分からなかった問題や間違えていた問題は、リスニングなら再度聞きながら書き取ってみたり、音読をしてみたり、また、文法問題なら説明をしっかりと読んで理解しておくことです。読解は間違えていたら何度も読んでおきましょう。単語なども、分からないものは調べて、覚えておくとより良いです。

私もこの方法で、半年ほどで 500点→760点→790点→820点と伸ばしました。その直後から留学して、今では980点です。

公式問題集が難しすぎるということであれば、まずはTOEIC Bridgeの公式問題集から始めてステップアップするのも手です。

●TOEIC Bridge公式ガイド&問題集
http://www.amazon.co.jp/TOEIC-Bridge%E5%85%AC%E5%BC%8F%E3%82%AC%E3%...

頑張ってください!

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


今回は以上です。

では、また次回まで。